お住まい探しのポイント (耐震・免震・制震について①)
2016.09.12
お住まい探しのポイント (耐震・免震・制震について①)

こんにちは。

 

イエナビスタジオ 豊橋・豊川店の北井です。

 

夜は涼しくて、すっかり秋めいてきましたね。

 

さて、今回は「地震」についてのおはなしです。

 

 

 

来るぞ来るぞと言われ続けている東海大地震。

 

実際に新聞でも発生率が発表されたり、気象庁からも被害想定が出されています。

 

そこで今回は、耳にした事はあるけれど違いがわかりづらい「耐震・免震・制震」について

 

3回に分けておはなしさせていただきます。

 

 

 

 

その① ~耐震とは~

 

お住まい探しを始めるとよく耳にする、「耐震等級〇〇相当」という言葉。

 

実はこの耐震等級、住宅の品質確保の促進等に関する法律、略して「品確法」によって定められています。

 

その中の、「住宅性能評価基準」によって、ランク付けがされます。

 

 

耐震等級の基準は3つあり、

 

 

 

耐震等級1 「数百年に一度発生する地震(震度6~7クラス)に対して倒壊・崩壊せず、数十年に一度発生する地震(震度5クラス)に対して損傷しない程度」

 

 

耐震等級2 「等級1の1.25倍の地震力に対抗できる程度」

 

 

耐震等級3 「等級1の1.5倍の地震力に対抗できる程度」

 

 

と決められています。

 

この「耐震」というのは柱や梁自体の強度で判断されています。

 

免震や制震と違い、住宅の骨格の強さの事なんですね。

 

 

 

 

皆様も、お住まいを検討される際には是非、耐震等級にも注目してみてくださいね。

 

 

次回は「免震」についておはなしさせていただきます。

 

 

エリア・地域を選択してください