【登録免許税】について
2018.07.23
【登録免許税】について

【登録免許税】

 

土地や住宅の不動産を取得するとき、自分の権利を確保するために

 

所有権の保存登記や移転登記等をするときの税金のメリットについてご紹介します。

 

 

 

〈登録免許税の税率のまとめ〉

 

        《軽減税率の適用がない場合》  《軽減税率の適用がある場合》

            土地   建物       土地   建物   

 所有権保存登記    0.4%   0.4%      0.4%   0.15%

 所有権移転登記    1.5%   2%       1.5%   0.3% 

 抵当権設定登記    0.4%   0.4%      0.4%(注)  0.1%

 (注意)住宅と土地を同時に設定登記する場合は土地も税率が0.1%になります。

 

 

 

 

 

 

(仮) 固定資産税評価額が 土地1200万円、建物1400万円である場合の所有権移転登記は軽減税率の適用がある場合のメリットは?

 

 

 

 

《軽減税率の適用がある場合》 23.8万円のメリット

 

  1. 土地 1200万円 × 1.5% = 18万円

  2. 建物 1400万円 × 0.3% = 4.2万円   合計 22.2万円

 

 

 

《軽減税率の適用がない場合》

  1. 土地 1200万円 × 1.5% = 18万円

 2.建物 1400万円 × 2% = 28万円   合計46万円

 

 

 

税金について等、ご不安な事はアールプランナー不動産にご相談くださいませ。

エリア・地域を選択してください