消費税増税後の住まい給付金ついて
2019.05.31
消費税増税後の住まい給付金ついて

こんにちは。イエナビスタジオ名東・守山店山田です。

 

消費税増税後の住まい給付金が下記のように変更される見通しです。

 

 

●給付額と収入の目安


【消費税率8%の場合】


・収入額の目安:425万円以下……30万円

・収入額の目安:425万円超475万円以下……20万円
・収入額の目安:475万円超510万円以下……10万円

 

 


【消費税10%の場合】


・収入額の目安:450万円以下・・・50万円
・収入額の目安:450万円超525万円以下……40万円
・収入額の目安:525万円超600万円以下……30万円
・収入額の目安:600万円超675万円以下……20万円
・収入額の目安:675万円超775万円以下……10万円
(上記の収入目安は扶養者が1人の場合をモデルにしています。)

 

 


消費税率が10%になると、

収入額の上限が775万円まで引き上げられるため、

かなり対象者が増えるのではないでしょうか。

 

 

また、給付額も増額されています。

 

 

詳しくは、住まい給付金のWEBサイトをご覧ください。



 

エリア・地域を選択してください