すまい給付金について 再度ご紹介
2019.07.13
すまい給付金について 再度ご紹介

イエナビスタジオ豊橋・豊川店の村田です。

 

 

今回は、すまい給付金の申請に関してのお話です。

 

 

今までも多くの記事がありますが

再度大切な情報になりますのでお伝えいたします。

 

 

現在住宅購入の際に年収等の一定の要件はありますが、

ちらをみたせば国から給付金がでる制度があります。

 

それがすまい給付金になります。

 

消費税8%現在では年収が510万円以下の方

(正確には年収ではなく市県民税の額に応じて金額が変わります。)

に支給があります。

 

年収ごとに金額がかわり最大30万円の給付があります。

 

 

建物の引渡しが終わってから必要書類を揃えて

提出しそのあと給付金が振込にて給付されます。

 

 

必要書類は、契約時に受け取れるもの、

金銭消費貸借契約時に受け取るもの、

引渡後に届くものなど入手方法が様々です。

 

 

必要書類は後日追加で発送ができないため

全て整えてから送るようにしましょう。

 

引渡しから1年以内に提出の必要がありますので

書類をゆっくり整える時間はありますが

該当の方はできるだけ早く書類を整えましょう。

 

 

今後消費税が10%にあがると給付金の

対象者となる年収の幅がとても広がります。

775万円以下の方までとなります。

 

拡充される期間も決まっていますので

給付金があるうちに購入を検討するのもとてもいいと思います。

 

申請書類はインターネットから印刷が可能です。

 

対象の要件や住宅取得時期に応じて

対象となる年収の時期がかわりますので

そちらも公式HPを参照ください。

 

 

給付金申請書類の中で、選択して提出する書類もあります。

 

物件ごとに提出書類は異なりますので

利用を考えている方は一度担当スタッフに相談下さい

 

 

注文住宅では引渡日をのぞけば

10%の消費税適用となる時期になりました。

 

分譲住宅でも引渡日を意識する時期になります。

 

 

どのタイミングでの申請となるのかを

購入前に解消しておくことをオススメします

エリア・地域を選択してください