ガルバリウムとスレート
2019.09.16
ガルバリウムとスレート

今回は屋根について書きたいと思います。

 

昔からのイメージですと、日本家屋は瓦というイメージが強いですが、

近年は、デザインや性能の面からさまざまな屋根材があります。

 

その中でよく見かける「スレート屋根」と、

アールギャラリーの家でも使われております

「ガルバリウム屋根」について簡単にご説明できればと思います。

 

まず、「スレート屋根」

 

これは何かというと「カラーベスト」「コロニアル屋根」

「ストレート屋根」とも呼ばれたりします。

 

スレート屋根は粘土板岩を使用した建築材料全般のことを指します。

 

その中でも「天然スレート」「石綿スレート(現在は製造不可)」

「無石綿スレート」「セメント系スレート」とあります。

 

特徴としては、

 

・軽量

・デザインが豊富

・安価

・施工がしやすい

・耐火、耐熱に優れる

と、非常に万能なため近年の建築にはよく使われるようになっています。

 

では逆に弱点は、、、

・こまめなメンテナンスが必要

・色は豊富だが形の面でデザイン性が乏しい

となっております。

 

 

続きまして、「ガルバリウム屋根」についてです。

ガルバリウムは金属で亜鉛・メッキ・シリコンで構成されたメッキ鋼板です。

 

特徴としては

 

・非常に軽量

・安価

・耐久力がある(メンテナンスいらず)

・デザイン性にこだわれる

弱点としては

・材料単体での断熱性や防音性が低い

となっております。

 

 

「ストレート」も「ガルバリウム」も

どちらもメリット、デメリットがあり、

デザインや、メンテナンス計画を考え、

どちらがご希望にあうかでお選びいただけると良いと思います。

エリア・地域を選択してください